大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター
                       司法書士・事務員のワクチン接種率100% 相談室の消毒・換気を徹底 パーテーション設置

個人再生のメリット・デメリットとは?個人再生のデメリットの軽減方法も解説!

個人再生は財産を残したまま借金を大幅に圧縮できる手続きですが、こんなにすごい効果がある個人再生ならデメリットも大きいのではと思ってしまいますよね。個人再生には確かにデメリットもありますが、実は心配なさるような大きなデメリットではありません。
このページでは、個人再生のメリットとデメリット、さらにデメリットの軽減方法を解説していきます。
個人民事再生のメリット・デメリットとは

個人再生のメリット

 借金の元本を5分の1〜10分の1にまで減額できる
民事再生法にしたがって裁判所に返済不能の恐れがあることを申立て、借金を5分の1〜10分の1程度に減額し、原則3年(最長は5年)で返済していく
 マイホームが残せる
住宅ローン特例を利用することで、住宅を残したまま手続きをすることが可能です。(住宅ローンの支払いがネックとなっている場合には、銀行の同意があれば、リスケジュールしてから個人再生を行える可能性があります。)
 自動車や保険など財産を保持したまま手続が可能
車のローンが残っていない場合は、車が引き上げられることはありません。
 職業制限や資格制限がない
自己破産と異なり、職業制限や資格制限がありません。
 借金の理由が問われない
ギャンブルや浪費が原因であっても利用可能です。

個人再生のデメリット

 手続きに時間がかかる
個人再生は債務整理の中でも一番手続きが複雑なため、時間がかかります。裁判所に提出する書類も多く、手続きには約6ヶ月から12ヶ月かかります。専門家に頼むと早くできます。
 返済を継続しなければならない
個人再生では、状況に応じた返済計画を個別に策定します。返済計画は裁判所で厳しくチェックされますので、無理のある返済とはならないので、継続して返済ができます。
 信用情報機関に事故情報が記録される
事故情報が記録されて、新しい借り入れができないということは、借入れに頼らない生活習慣を回復する契機にはなるはずです。
 官報に掲載される
官報とは、政府が発行する刊行物で、一般的に馴染みが薄い公的な広報誌であり、ほとんどの人は見ることはないでしょう。

以上のように、個人再生のデメリットは、それほど気にするものではないということがお分かりになると思います。
大阪債務整理自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人では、経験豊富な司法書士が再生計画案を作成し、債権者とのやり取りも代行やサポートすることができるので、個人再生をスムーズに成立させることができます。ご相談は無料ですので、ご自身の借金が個人再生で解決できるのか検討中の方は是非お電話・メール・LINEでお問い合わせください。
借金をなくしたり、無理のない返済にする方法は、時効援用だけではありません。弁護士や司法書士など専門家に債務整理を依頼すれば、あなたにあった方法を提案してくれるでしょう。
大阪債務整理自己破産相談センターでは、実績豊富な司法書士が7名在籍しており、無料相談を実施しております。

※相談及び受託業務は司法書士法第3条の範囲内に限ります。

借金問題、ひとりで悩まずにご相談ください。ご相談予約はこちらから
大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人
大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人です。
表面的な手続き業務だけではなく、背景にある「根本的な問題点」の解決方法をご提案します。
相続・遺言、債務整理、家族信託など、かかりつけのホームドクターのようにご相談者に寄り添います。 夜間・土日祝の無料相談も承っています。 お問い合わせはHPのお問い合わせフォームやお電話で承っております!
借金問題、ひとりで悩まずにご相談ください。ご相談予約はこちらから

運営会社:グリーン司法書士法人

大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人
大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人です。
表面的な手続き業務だけではなく、背景にある「根本的な問題点」の解決方法をご提案します。
相続・遺言、債務整理、家族信託など、かかりつけのホームドクターのようにご相談者に寄り添います。 夜間・土日祝の無料相談も承っています。 お問い合わせはHPのお問い合わせフォームやお電話で承っております!
債務整理をお考えの方へ
line_icon相談