大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

住宅ローン問題について

このようなお悩みはございませんか?
ひとつでも思い当たれば、お電話ください


 住宅ローンの返済が難しい

 住宅ローン会社から督促状が届いた

 どうしても住宅を手放したくない

 住宅ローンの返済を延滞・滞納している

 住宅ローンの返済が難しく破産を考えている

組んだ当時は問題なかったのに…

現在住宅ローン金利はかなり低めに設定されていることが多いですが、かつてバブルと呼ばれた時期には今とは比べものにならないくらいの高い金利となっていました。当時は給料も土地の価値も上がり続けると言われており、ある意味「妥当」な金利でしたので、組んだ直後は特に問題も発生しなかったと思われます。

しかし、バブルが終わった後、土地の価値が下がり、給料が思ったほど上がらず、高い金利の住宅ローンの支払いが残るというケースが続出することになりました。借り換えなどの機を逃してしまい、高い金利で払い続けられてきた方々もいらっしゃいます。

また、問題なく支払いをできていたにもかかわらず、急な解雇、離婚による養育費負担など、自分でもどうしようもできない理由で住宅ローンの支払いが困難になる方もいらっしゃいます。

マイホームというのは特別な財産で、「住宅ローンの支払いが厳しい。しかし、どうしても住宅を守りたい」という一心から、消費者金融や信販会社のキャッシングを利用されている方も多くいらっしゃいます。しかし、このケースでは、資金が足りないために住宅ローンよりも高利の借金をしているので、返済にあてる資金も足りなくなり、多重債務に陥ってしまいます。

願わくば、その前の段階でお越しいただきたいのですが、責任感なのでしょうか、どうしようもない状態まで相談されずにがんばってしまう方がほとんどです。

自分でどうしようもなくなったら

1.家族や親戚からの援助を求める

言い出しにくいことから意外に少ないのがこのケースです。まずは身近な人に助けを求めましょう。

2.個人再生を検討する

自宅を売却しても住宅ローンを完済できない(住宅の価値の方がローンより少ない)場合は、個人再生を利用してほかの借金を圧縮することができるかもしれません。>

 個人再生とは?

3.自宅を売却して返済する

自宅の売却で、住宅ローンを完済してもあまりが出る場合は、売却によってほかの借金の返済もできるかもしれません。リースバックを利用することで引っ越しをせずに済むかもしれません。

 リースバックとは?

4.任意売却後自己破産を検討する

自宅を任意売却しても住宅ローンを完済できず、ほかの借金を圧縮しても支払えない。そんな場合に競売を避ける方法。

 任意売却とは?

お問い合わせtel0120365366
  任意整理メニュー   自己破産メニュー   個人民事再生メニュー   過払い金返還請求メニュー   消滅時効メニュー   住宅ローン問題メニュー   その他メニュー  お問い合わせ