大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

無料相談

手続きの流れや注意点を説明します。この時点で必ず個人再生をすると決めて頂く必要はありません。何事もまずは調査からとなります。

債権者へ介入通知・取引履歴請求

介入通知により取り立てはストップします。着手金ゼロなので、原則相談日の即日発送が可能です。

取引履歴の再計算

貸金業者から開示された取引履歴を、利息制限法で引き直し計算をし、債務額を確定します。この際過払い金が発生していた場合には過払い金返還請求手続に移ります。

方針の確定

引き直し計算によって正しい債務額を確定し、任意整理か自己破産か個人再生かを確定します。

個人再生申立ての準備

個人再生の方針が確定すると、個人再生申立書類の準備を開始します。集めていただく書類や書いていただく書類も多いため多少時間がかかります。

個人再生申立て

書類の準備が終われば、直ちに個人再生を申し立てます。書類のチェック、申立書の作成などは当方で行いますので安心です。

個人再生開始決定

開始決定がでると、それを書く債権者に通知します。申立ての際には、ご依頼者に有利な金額で申し立てるため、異なる金額を主張する債権者は債権届出をしてきます。

再生計画案の提出

債権届けの結果や、現在の収入を基にした再生計画案を作成し、裁判所に提出します。その後、計画案に対する債権者の書面決議があります(小規模個人再生)。

裁判所による再生計画案の認可決定

債権者の反対が多数出ない限り、裁判所から再生計画案を認可しますという決定が発せられます。この決定は、大体1ヶ月程度で確定し、確定すれば裁判所とのやりとりは終了し、債権者への返済が始まります。

振込先の照会

支払い開始が近づいたところで、ご連絡をいたします。その際に、再生計画内容を分かりやすく一覧にした、返済スケジュール表・振込先一覧表を作成し、お渡しします。

返済開始

圧縮された借金を、再生計画にしたがってすべて支払えば、残りの借金は免除されます。

お問い合わせtel0120365366
  任意整理メニュー   自己破産メニュー   個人民事再生メニュー   過払い金返還請求メニュー   消滅時効メニュー   住宅ローン問題メニュー   その他メニュー  お問い合わせ