大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

自己破産のメリット

自己破産の手続きをとることで以下のようなメリットがあります
  •  介入通知により貸金業者からの取り立て・支払いがすぐにストップします
  •  原則全ての借金が免責され※、借金がゼロになります。保証人としての債務も免責されますので、必ず申告下さい。
    ※税金や健康保険料等など免責されないものもあります。
  •  借金を気にしない生活を取り戻すことができます
  •  他人に自己破産の事実を知られることはほとんどありません。
    自己破産しても戸籍や住民票に記載されることはなく、官報には氏名・住所が記載されますが、一般の方が官報をチェックする機会はほとんどありません。仮に知られても、破産を理由に解雇等をすることは法律上認められておりません。
  •  思ったほど財産を失わず、日常生活に支障をきたすことはほぼありません。
    自己破産をしてしまうと全部なくなってしまうというイメージがありますが、換価価値の低い通常の家具・家電や無形財産、一定額の現金・普通預金については、失わずに手続きが可能です

メリットとして挙げられる項目は少ないですが、効力としては、他の手続きとは比較にならないほど大きな経済的メリットです。借金の不安から解放され、新しい人生をスタートしてください。

自己破産のデメリット

自己破産には以下のようなデメリットがあります
  •  自己破産は官報に載るので、絶対にばれないようにすることは困難です。ただし、官報を逐一チェックしている人はまれです
  •  住宅など高価な財産を残すことはできません。ただし、現金については相当程度残すことが可能です。また、一定の額以下の財産については残すことが可能です。ご相談時に確認下さい
  •  自己破産申立手続中には就けない職業があります
    (例:証券外務員・保険外務員・警備員・各士業など)
  •  保証人がついている借金であっても、手続きに含めないとならないため、保証人に迷惑がかかります。(※賃借の保証人の場合は延滞がない限り大丈夫です。)
  •  信用情報機関に事故情報※が記録されるため、記録が消えるまで借入れやローン組みが困難となります。ただし、借金がしばらくできないということは、借入れに頼らない生活習慣を回復する契機にはなるはずです
  • ※一般にブラックリストとも言われているがブラックリストというものは存在しません。

  •  免責を受けてから7年間は再度の自己破産が制限される

以上のように、自己破産の最大のデメリットは大きな財産を手放さなければならないことです。逆に言えば、自宅を持っておらず賃貸にお住まいの方や、自宅を売却してもよい方、あるいは住宅ローンが払えずどちらにしても自宅を売却せざるを得ない方にとっては、大きなデメリットはありません。むしろ人生の再出発のきっかけと考えてください。

借金・受託ローンでお困りの方は、お一人で悩まず一度ご相談ください。破産しかないとお考えでも、破産を回避して財産を守れる可能性があります。

制限される資格

 証券外務員、警備員、保険募集人その他

 各種士業その他

お問い合わせtel0120365366
  任意整理メニュー   自己破産メニュー   個人民事再生メニュー   過払い金返還請求メニュー   消滅時効メニュー   住宅ローン問題メニュー   その他メニュー  お問い合わせ