大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

任意整理をするとブラックリストに載るの?

信用情報機関に事故情報(ブラックリスト)が登録されます。

任意整理の場合、ブラックリストに載る期間は5年程度です。

ブラックリストに載ることは不安だが、今の経済状況を何とかしたい、そういった方にブラックリストに載ったら何が困るのか、生活にどんな支障がでるのか、対処法と共に紹介します。

「ブラックリストに載る」とは

金融業者(貸金業者)は、返済の滞納や破産手続きなど通常の支払いができなくなった場合、事故情報として信用情報機関に申告しています。この信用情報機関に個人の事故情報が登録されることを「ブラックリストに載る」と一般的に言われています。

任意整理した場合の「ブラックリストに載る」とは信用情報機関に登録されること

金融業者(貸金業者)は借り入れの申し込みがあった場合、申込者の状況を知るために、信用情報機関に登録された信用情報を確認します。
信用情報とはローンやクレジットカードなどに関する契約内容や支払状況等の情報を指し、信用情報機関によって管理されています。
任意整理をした場合、その事実が事故情報として信用情報機関に登録されます。つまり「ブラックリストに載る」ということです。

信用情報機関は以下の3つの機関です。

  • ・シー・アイ・シー(CIC)
  • ・日本信用情報機構(JICC)
  • ・全国銀行個人信用情報センター(KSC)

金融業者(貸金業者)は必ずいずれか(もしくは2つ)の機関に加盟しており、それぞれの信用情報機関の間で事故情報が共有されています。

事故情報には以下のものがあります。

  • ・【延滞】…返済日より一定期間返済が遅れた場合です。一般的には61日から3ヶ月程度滞納すると事故情報として登録されます。携帯電話料金を滞納した場合や、住宅や自動車といったローンの支払いを滞納した場合も事故情報として登録されます。
  • ・【債務整理】…任意整理・個人再生・自己破産・特定調停などの手続きをした場合です。専門家に依頼する場合、いずれかの手続きをする旨の通知が専門家から金融業者(貸金業者)に届いた時点で事故情報として登録されます。
  • ・【強制解約】…クレジット会社、ローン会社など金融業者(貸金業者)から強制的に解約される場合です。ただし、過払い金請求をした際、解約されることがありますが、この場合は事故情報になりません。
  • ・【代位弁済】…契約者が返済不能になり、連帯保証人、保証会社などからの弁済になる場合です。

「ブラックリストに載る」ことの影響

信用情報に事故情報が登録されていると、支払い能力に問題があると判断されます。
その場合借り入れの審査に通らないので、金融業者(貸金業者)は貸し付けをしません。具体的には以下のような支障がでます。

ブラックリストに載ると生活に影響を与える主なケース

  • ・新たな借り入れができない
  • ・クレジットカードが利用できない
  • ・携帯電話・スマホの分割払いができない
  • ・保証人になれない
  • ・賃貸住宅に契約できない場合がある

これらの詳細と対処法を紹介します。

新たな借り入れができない

ブラックリストに載ると銀行や消費者金融などでの借り入れや、自動車ローン、住宅ローンなども利用できません。
とはいえ、生活に必要な大きな出費はあるので、家計の管理やお金の使い方を見直し、その時に備え、しっかり貯蓄することが大切です。
また信用情報を参照しない貸付があり、そういったものは利用することができます。例えば、市区町村が行う生活福祉資金貸付制度、年金担保貸付制度(令和4年3月末まで)、積み立て型の生命保険の契約者貸付制度などがあります。

クレジットカードが利用できない

ブラックリストに載ると新たなクレジットカードの発行はされず、利用しているカードについても使えなくなる可能性があります。また、ETCカードも使えなくなります。
しかし家族カードやデビットカード、プリペイドカードなどの任意整理後でも持てるカードがあります。例えば夫の名義のカードで、妻が家族カードを持つ場合です。妻が任意整理をしたとしても、信用情報は夫の情報が参照されるので、妻は家族カードを利用できます。事前入金制のデビットカードや、デポジット制のETCパーソナルカードといったものは、信用情報とは関係なく利用できます。

携帯電話・スマホの分割払いができない

ブラックリストに載ると携帯電話やスマートフォンを新しく契約したり、新しい機種を購入したりする際に、機種代金を分割で購入することができなくなります。
携帯電話の契約や機種代金の一括購入はできますので、貯蓄をしておくか、機種代金の安い旧機種にするなどで対処できます。

保証人になれない

ブラックリストに載るとご家族が住宅ローン、マイカーローン、奨学金などを利用するとき、保証人になれません。
ですが、配偶者など家族内の別の人であれば利用できるでしょう。また、奨学金に関しては、保証料を支払えば法人が代わりに連帯保証人になってくれる機関保証制度があります。

賃貸住宅に契約できない場合がある

賃貸住宅の入居審査で信用情報機関に個人の事故情報を確認することはそれほど多くはありません。ただし、まれに家賃保証会社との契約を義務付けているところがあります。信用情報機関や保証会社を通して契約をする場合、ブラックリストに載っていると賃貸借契約ができない可能性があります。
事前に不動産会社に審査や保証会社について確認することで、入居審査に通りやすい物件を探すことができるでしょう。

ブラックリストに載る期間

事故情報が消えるまでの期間は各信用情報機関、事故内容によって異なります。
任意整理の場合は5年程度です。

個人情報機関名 61日以上の滞納 任意整理 自己破産・個人再生
CIC 5年 5年 5年
JICC 1年 5年
KSC 5年 5年 10年

しかし、実際には、上記の期間よりも事故情報が消されるまでにもう少しかかる場合もあります。任意整理の場合、JICCでは任意整理の手続きをした時から5年間、事故情報が登録されます。CICでは借金の完済から5年間は事故情報が登録されます。ですので、任意整理をした時から5年間というより、借金を完済してから5年間はブラックリストに載っている状態と思っているほうがいいかもしれません。
また、借金を完済してすぐにローンが組めるわけではありません。事故情報が消えてからローンが組めるようになります。
信用情報機関に対して、自身の信用情報が現在どうなっているかの開示請求ができます。やり方は各信用情報機関によって違いますが、窓口や郵送、インターネットなどで確認できます。

ブラックリストを消すには

ブラックリストに自分の事故情報が載ってしまったら、基本的には各信用情報機関が定めている期間が経過しなければ消すことはできません。信用情報機関は、多重債務を防止するという公益的な目的があるため、正しい情報であれば個人の希望で消すことはできないのです。早く消そうと思えば、任意整理などを行って、事故情報が載せられる状況を解消し早めに完済するのをおすすめします。

もし間違った事故情報が載せられたら

同姓同名による間違いや他人のクレジットカードの悪用などで、誤った事故情報を載せられた場合は、信用情報機関へ調査依頼をかけて削除の申し出をすることが可能です。

悩むより専門家にご相談を!

任意整理は借金問題解決には有効な手段ですが、最低でも5年はブラックリストに載ることになります。
そのことで、クレジットカードが作れない、借り入れができないなど生活に支障がでます。しかし、ブラックリストに載っていなくても、経済状況が不安定なまま生活をし、借金の滞納を繰り返せば、結局ブラックリストに載ることになるかもしれません。さらに借金が増えてしまうと、債権者から差し押さえに遭い、財産を手放すことになるかもしれません。
そうなる前に、借金の返済について、司法書士や弁護士など法律専門家にご相談ください。


大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人です。
表面的な手続き業務だけではなく、背景にある「根本的な問題点」の解決方法をご提案します。
相続・遺言、債務整理、家族信託など、かかりつけのホームドクターのようにご相談者に寄り添います。 夜間・土日祝の無料相談も承っています。 お問い合わせはHPのお問い合わせフォームやお電話で承っております!

債務整理・自己破産相談センターでは法律のスペシャリストとして、のべ7000件以上の相談を頂いております。 経験豊富な司法書士が、煩雑な法的手続きを代行してくれるのはもちろん、精神的にも心強いパートナーとなるでしょう。

運営会社:グリーン司法書士法人

大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人です。
表面的な手続き業務だけではなく、背景にある「根本的な問題点」の解決方法をご提案します。
相続・遺言、債務整理、家族信託など、かかりつけのホームドクターのようにご相談者に寄り添います。 夜間・土日祝の無料相談も承っています。 お問い合わせはHPのお問い合わせフォームやお電話で承っております!
債務整理をお考えの方へ
line_icon相談