大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

女性のための借金解決の窓口(梅田)

女性の借金相談

同じ借金問題といっても、女性と男性ではお悩みの内容が異なることが多いです。
ショッピングやエステで、「家族に内緒でリボ払いした」「夫には知られたくない」など、女性の借金には男性にはわかってもらえない、特別な事情もあるようです。
グリーン司法書士法人では、女性専用の相談電話があり、債務整理の経験が豊富な女性の司法書士も在籍しておりますので、安心してください。男性には話しにくい内容も女性ならではの目線で、あなたと一緒に最善の解決策に導くことが可能です。

女性のための借金解決の窓口

解決事例

手続きに入る直前の借り入れが多かったため、個人再生手続を選択。
交際相手への利益の移動は、債権者を害する行為なので、裁判所から追及を受けましたが、当時の状況や必要性を説明し、無事債務を大幅に減額することに成功しました。

教育資金のための借入れから、消費者金融への借金が膨らんでしまった方の事例です。自らのパート収入もこれ以上、増やせないし、夫の給料も増える見込みがないので月々1万5,000円までしか支払いできない。この相談を受けた大阪債務整理・自己破産相談センターの司法書士は、様々な債務整理方法を説明しました。保有資産が特になく、支払える状況でないと分かったので、自己破産を選択しました。

相談の時には明細などを持参して頂いたので、詳細な減額予想と借金がなくなるまでの計画をたてることができました。任意整理すると、手数料がかかりますが、任意整理によりカットされる利息と比べると断然お得ということで、一緒にご相談に来られたお母さまもグリーン司法書士法人に依頼することが決まりました。
手数料は2回の分割でご本人が支払われるとのことでした。ご依頼頂いた時点で督促はストップとなり、費用のお積み立てと返済までグリーン司法書士法人でサポートし、無事に完済することができました。

解決事例はこちらから

女性司法書士紹介

債務整理の相談が可能な女性司法書士が所属しており、女性の事務担当も多数在籍しておりますので、男性には話しにくい相談内容でも安心です。
女性の一人暮らしの生活費平均は、洋服や化粧品代がかかるので、男性より高くなりがちです。しかし、日本では男女の収入格差はまだ縮まっていません。収入と支出のバランスを考えると、借金返済をするのが難しい現実があることも確かです。そんな女性の借金返済の相談は、同じ女性に相談したいと思っておられる方も少なくないのではないでしょうか。

市川 有美(債務整理担当 司法書士)

高校卒業後、アメリカに語学留学。帰国後は建材輸入メーカーにて、留学で得た語学力を活かし、世界の企業を相手にしたグローバルな業務を担当。その後、司法書士試験に合格し、弊所に勤務しながら、子育てや家族との時間も大切にしている。明るく前向きな性格で、空き時間には読書・料理・手芸・旅行を楽しむなど、趣味も多く持つ。

市川 有美

西尾 晴美(債務整理担当 司法書士)

大学卒業後はアパレル業界へ。一時育児に専念するが、子ども達を育てる中で、社会貢献できる仕事がしたいと一念発起し、司法書士試験への挑戦を決意。育児と勉強を両立しつつ合格を果たし、弊所に入所。
相続と債務整理の業務を担当する一方、2人のやんちゃな子供の母として、事務所でも家でも奮闘している。目標であった「困っている人を助けられる仕事」へのモチベーションは高く、何事にも動じず受け止める力と包容力で一人一人に寄り添い、お客様のお困り事解決に日々取り組む。

西尾 晴美

各種手続き

女性の借金を債務整理で解決

女性の借金を整理する道も一本ではなく、あなたに合った債務整理手続を選択することが大切です。グリーン司法書士法人には、債務整理の実績が豊富な女性司法書士が2名在籍しており、解決までしっかりサポートすることが可能です。

任意整理で借金を減らす
借金減額・返済プラン変更なら任意整理


任意整理とは、相談者の借金を調査して、「高い金利」での取引があれば、正常な金利で再計算しなおし、今後の利息をカットして支払っていく債務整理の手続きです。

任意整理は、裁判所などで法的な手続きを利用しないぶん、各債務整理手続きの中で一番柔軟性が高く、債権者を選んで行うことも可能です。

また、債務整理手続きの中で一番の機密性がありますので、相談者は家族や会社に知られる心配がほぼありません。

このようなご相談は、任意整理で解決
  • 継続的な収入があり、減額・利息カットすれば、3年程度で返済が可能
  • 自己破産するほどではないが、このままだと借金が増え続けてしまう
  • 残したい財産がある。
  • 絶対に家族や会社には秘密にしたい

さらに詳しく

自己破産で借金の免除を受ける
すべての借金を精算して再チャレンジする


自己破産とは、支払いができない状態となってしまったかたが、自ら裁判所に破産を申し立て、裁判所から免責(借金を支払う義務を"果たさなくてもよい"とすること)をもらう、債務整理の手続きです。
注意点として、自己破産では、その破産手続中に就けない職業(警備員など)がありますし、高価な財産は原則として借金の返済にあてられます。
しかし、自己破産では一定の範囲の借金を除いて、すべての借金が免責されるので、相談者のかたにとっては、新たな人生をスタートできるチャンスとなります。

このようなご相談は、自己破産で解決
  • 借金をゼロにして再スタートしたい
  • すでに支払不能になっている
  • 残したい財産は特にない

さらに詳しく

個人民事再生で財産を守る
借金の大幅カット、でも財産は残したい


個人民事再生とは、自己破産しなければならないような恐れがある場合に、裁判所の関与の下で借金を大幅に減額し、その額を分割で支払っていく債務整理手続です。
自己破産では、高価な財産は返済にあてられてしまいますが、個人再生は自己破産と違い、財産を残したまま手続することが可能です。
住宅など、人生の再スタートに必要な財産がある場合には、考えに入れる価値がある方法です。

このようなご相談は、個人再生で解決
  • 住宅や自動車など、どうしても残したい財産がある
  • 支払いができない恐れがある
  • 無担保の借金総額が5,000万円以下
  • 継続的な収入がある
  • 自己破産だけはしたくない

さらに詳しく

消滅時効
昔の借金を消滅させる、信用情報を早期回復できるかも。


消滅時効とは、一定の期間に行使しなかった権利を消滅させるという法律上の制度です。債務者の立場からいえば、債務が消滅することになります。

過去にカードキャッシングやクレジットカードを利用していて途中で払えなくなり、何年も経過しているのに「新しいカードが作れない」であったり、「住宅や自動車のローンがとおらない」ということがあったりする場合、信用情報(ブラックリスト)に延滞の事故情報が残っている可能性があります。消滅時効により債務を消滅させることで、信用情報(ブラックリスト)の事故情報を消してもらえる可能性があります。

また、現在債権回収会社や貸金業者から訴えられているという場合、支払っていない期間やその間の状態によっては時効で債務をゼロにできることがあります。驚いて早まった対応をすると取り返しがつかないこともありますので、まずは深呼吸をして落ち着いてご相談ください。

このようなご相談は、消滅時効を検討
  • 5年以上支払っておらず、裁判もされていない
  • 昔に借りた額の何倍もの請求が来た
  • ずっと前の借金の件で訴訟など裁判を起こされている
  • 知らない業者や債権回収会社から裁判をされている
  • 古い債務の件で業者が繰り返し訪問してくる
  • 1,000円でもいいから払うように言われている

さらに詳しく

ご相談から解決までの流れ

  • STEP.01ご相談
    まずは女性の借金相談専用フリーダイヤルよりお問い合わせ下さい。
    ※ ご相談は無料で受け付けております。
  • STEP.02打ち合わせ日程のご連絡
    専任の女性司法書士とのご相談日程の連絡をさせていただきます。ご希望の面談日程をお伝えください。
  • STEP.03プランのご提案
    お伺いした状況を元に債務調査を行い手続きを進めていきます。お客様に最適なプランをご提案させていただきます。
  • STEP.04解決までサポートします
    お客様の人生の再スタートをスタッフ一同でサポートします。必要に応じてフィナンシャルプランナーにもご相談いただけます。


大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人です。
表面的な手続き業務だけではなく、背景にある「根本的な問題点」の解決方法をご提案します。
相続・遺言、債務整理、家族信託など、かかりつけのホームドクターのようにご相談者に寄り添います。 夜間・土日祝の無料相談も承っています。 お問い合わせはHPのお問い合わせフォームやお電話で承っております!

運営会社:グリーン司法書士法人

大阪債務整理・自己破産相談センターを運営するグリーン司法書士法人です。
表面的な手続き業務だけではなく、背景にある「根本的な問題点」の解決方法をご提案します。
相続・遺言、債務整理、家族信託など、かかりつけのホームドクターのようにご相談者に寄り添います。 夜間・土日祝の無料相談も承っています。 お問い合わせはHPのお問い合わせフォームやお電話で承っております!
債務整理をお考えの方へ
line_icon相談