大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

個人民事再生の事例

大阪太郎さん(仮名・50歳)は、大阪府内で個人商店を営んでいます。しかし、近くにスーパーが出来て、売り上げも激減してしまいました。店舗兼自宅の住宅ローンや仕入れ、商店立ち上げの際の公庫からの借入れ返済のために赤字が続き、生活費のために消費者金融や銀行で借入れを始めました。大阪さんは宅配にも力をいれ、商店の利益が月額30万円ほどまで回復してきました。しかし、そのころには、住宅ローンを除いた借金の総額は500万円、返済額も月額14万円に達し、慢性的な生活費不足のために借り入れては返済するということが続きました。

大阪さんは「まだ元気な内は何とかなるかも知れないが、このままではいけない」とインターネットで相談先を探し、グリーン司法書士法人・行政書士事務所に相談することに決めました。

大阪太郎さんの状況

家族構成、保有財産等

大阪太郎さんの希望

今後も商店は続けたいし、住宅も残したい

この相談を受けたグリーン司法書士法人・行政書士事務所は、様々な債務整理方法を案内しました。資料から店舗兼住宅も個人民事再生手続上で住宅と評価できるものであると分かったので、大阪さんは住宅ローンの特則を利用した個人民事再生を選択しました。

結果

※これは個人民事再生によって実現出来る可能性を基に創作した事例です。具体的事情によって結果は異なります。

お問い合わせtel0120365366