大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

個人再生:退職金見込み額が多く自己破産が困難なケース

借金状況

Bさんは、親が突然倒れ、脳梗塞と診断されました。
入院費用を払うため、仕事を減らすことはできず、専門の介護ヘルパーを雇わなければなりませんでした。
介護保険がなかったため、すべて実費で払わなければならず、Bさんは昼夜時間を惜しんで働き続けました。しかし、どうしても限界があるため、蓄えの切り崩しやクレジットカードによる生活費のやりくりと、消費者金融でのキャッシングをはじめました。
5年ほどで貯蓄は底をつき、返済と生活のために借金はどんどん増えていきました。それから5年経ち、Bさんの親は亡くなりました。
介護費用がかかることはなくなりましたが、頼る家族もなく、毎月給料が入れば全額返済にまわし、返済で空いた限度額から借り入れてやりくりするようになりました。そのような生活が数年つづき、毎月の返済額も30万円ほどに膨れ上がったころ、冷静になって考え、債務整理の相談をすることにしました。

対応結果

退職金見込み額が高額だったため、自己破産することが難しく(破産をすると、退職金の8分の1を弁済しなければならないため)個人再生を選択

担当司法書士
渡邊 優太

担当司法書士:渡邊 優太

フリーダイヤル0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)

line_icon相談