大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

自己破産:詐欺に遭って借金してしまった

借金状況

Gさんは離婚後、養育費と慰謝料の負担とカードローンの返済が、収入の半分近くを占めていました。
調度その頃、SNS(ソーシャルネットワークシステム)で知り合った人から株式投資の話を持ちかけられました。
紹介者も何度も話したことがあったし、以前から株式に興味を持っていたこともあり、副収入で生活が楽になればと、銀行のカードローンを利用して高額な株式投資ツールを購入しました。
しかし、このような簡単な儲け話があるのかと不信感がわき、消費者相談センターに相談に行き詐欺だと判明しましたが、すでにクーリングオフの期間が過ぎていたため、返品ができませんでした。
この時の借り入れで、自分の生活に使える金額は8万円を切っており、家賃を払ってしまうと、ほとんど手持ち金がなくなってしまうので、生活のために借金を繰り返すという悪循環に陥ることになりました。
ここで手を打てばよかったのですが、Gさんは何とかできるはずだと我慢を続けました。
その結果カードローンの総額が300万円にも達し、養育費などの支払いを併せると、もう家賃を払うお金しか残らないようになりました。借入先が何社もあり、返済日が近づくと、どこで借金してどこに返すかしか考えられなくなり、精神的に辛い日々が続きました。
そしてGさんは、どうしようもなくなり、グリーン司法書士法人へ借金の相談をしに来られました。
手続き準備中に詐欺の示談金として一定のお金が返ってきましたが、財産はこれだけだったので、高額な費用のかかる管財事件を避け、裁判所の監督の下、自分で案分弁済を行ったことにより費用の安い同時廃止事件として手続きを進められました。

対応結果

自己破産後の免責により借金額はゼロになり、楽ではないですが、もう借金をしなくてもいい生活を取り戻すことができました。

担当司法書士
中川 徳将

担当司法書士:中川 徳将

フリーダイヤル0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)

line_icon相談