大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

自己破産:住宅任意売却後の残債務

借金状況

Cさんは、借入当時営業マンをしていました。販売ノルマが非常に厳しく、自腹で値引きせざるを得なかったことが、カードキャッシングを始めた理由でした。
この頃はバブル時期で、収入も多かったため返済に問題がなく、バブル崩壊後、少し金利が安くなったところでマンションを購入するため住宅ローンを組みました。住宅ローンの返済額は月10万円程度で返済に問題はありませんでした。
将来を考え、収入をあげるために転職をし、最初は順調に返済していましたが、数年後予想以上に返済額が増え、計画が狂い始めました。
当面の生活費の不足はカードでまかない、なんとしても家族と住宅を守ろうと、収入を増やすために公庫で借入をし運送業を開始しました。
収入が増え、実家からの助けもあり、住宅ローンの期間延長もしてもらったため、カード負債は徐々に落ち着いてきました。
しかし、猶予期間が終わり、また住宅ローン返済額が跳ね上がりました。
そこにリーマンショック不況のあおりを受け、収入が減少。生活費や子供の教育費で足りない分をカードでまかなったため、再度カードローンの残額が増えていきました。
さらに追い打ちをかけるように、家族の緊急入院があり、全く余裕がなかったためセーフティネット融資で何とかしましたが、これにより借入総額が大幅に増えました。
その当時はFXで儲けたという話が出始めた頃で、借金の返済のことしか頭にない状態で冷静に考えることなく外国為替取引に手を出し損を出してしまいました。
反省し家計を見直して、利息の返済しかできませんでしたが、何とか現状維持できていました。
ところが急に取引先から仕事の単価を下げられたため、収入は下がる一方になりました。
そして貸金業法の改正により、新たな借り入れができず、お金がまわらなくなり、住宅ローンが払えなくなったため、住宅を手放さざるを得なくなりました。
住宅は失いましたが、住宅ローン残額は大きく残り、引っ越しや営業車の故障などで入用な金員を保険の解約でまかなったりしました。
事業は廃業し、給与所得者となり収入は安定しましたが、借金総額に万策尽き、グリーン司法書士法人に相談に来られました。

対応結果

自己破産により借金額ゼロに。
借金総額も大きくお金の動きも多く、投資失敗という免責不許可事由もあるなか、管財人が付いてもおかしくない内容でしたが、包み隠さず事実と必要性を説明し、管財人が付かない「同時廃止」手続きにてすべての借金について免責を受けることができました。

担当司法書士
山田 愼一

担当司法書士:山田 愼一

フリーダイヤル0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)

line_icon相談