大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

個人再生:交際相手を助けるために借金

借金状況

Tさんは、もともと借金をするような性格ではなく、毎月のお給料から貯金ができる生活を送っていました。
そんなTさんが借り入れをするきっかけは、当時の交際相手が経営する店がうまくいっておらず、援助するためでした。最初は自分の貯金を切り崩していましたが、すぐに底をつき、キャッシングで借り入れをして援助をしていました。
一時的に店は持ち直しましたが、借金は膨らみ給与のほとんどが返済に消えていく状態で、自分の生活のために借り入れをするようになっていきました。
それからしばらく経ち、再び店の経営状態が悪くなり、その時点で店を閉めることを考えれば良かったのですが、経営方法の見直しをすればなんとかなると先延ばしにしてしまいました。
数ヶ月後、交際相手がもうどこからも借り入れができない状態になって、ようやく店を閉めることになりましたが、この頃には収入を上回る返済額になっていたため、グリーン司法書士法人へ借金の相談をしに来られました。

対応結果

手続きに入る直前の借り入れが多かったため、個人再生手続を選択。
交際相手への利益の移動は、債権者を害する行為なので、裁判所から追及を受けましたが、当時の状況や必要性を疎明し、無事債務総額を大幅に減少することに成功しました。

担当司法書士
山田愼一

担当司法書士:山田愼一

フリーダイヤル0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)

line_icon相談