自己破産後に取得した給料や財産はどうなるの?

大阪債務整理・自己破産相談センター

破産手続開始決定後の給料は、そのまま破産者のものとなり、差押えなどの対象となりません。しかし、申立前に原因が発生して、自己破産開始決定後に取得が見込まれる財産は差押えの対象となります。

現金と普通預金については99万円まで残すことができますので、給料についての心配はそこまでありません。しかし、開始決定をまたぐ売掛金については配当の対象となるので、生活費が足りなくなることがあります。ほとんどの個人事業の場合、自己破産いったん廃業していただくことになります。

事業を継続したまま債務整理をする場合は、自己破産でなく任意整理か小規模個人再生を選択することになります。

自己破産Q&A一覧
お問い合わせtel0120365366
-->