大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

取締役をやっていますが、自己破産をすると、やめないといけないのでしょうか?

会社の代表取締役が自己破産申立てをした場合、いったんは代表取締役を退任しなければなりませんが、破産手続き開始決定後に再度選任されればまた元通り代表取締役としての地位に戻ることができます。
この方法を使えば、代表取締役の借金や保証債務などの個人名義の負債だけを消して会社はそのまま残し、代表者も会社に残って事業を継続できることになります。

会社に負債がなく代表取締役の個人的な負債のみがある場合などには検討価値がある方法です。
一方で、代表取締役の自己破産では、考えておいた方がいい点がいくつもあります。

  • 「融資」
  • 「経営の継続性」
  • 「株式」

経験豊富な専門家に相談されることをおすすめします。
弁護士や司法書士が、ここにいう専門家に当たります。
特に司法書士は会社の登記を扱うため会社法に強い傾向があり、おすすめ致します。

債務整理・自己破産相談センターでは、司法書士が無料相談にて詳しい状況をお伺いいたします。
経験豊富な司法書士が力になりますので、借金と収支の状況を検討しながら、適切な債務整理方法を考えていきましょう。

債務整理で返済に追われる状況から解放された場合は、前向きに生きることができるようになります。全てを取り戻すには時間はかかりますが、頑張っていける気力は取り戻すことができるでしょう。

債務整理のお悩みを抱えていませんか?

  • 借金をなくしたい。
  • 取り立てを止めたい。
  • 利息を取り戻したい。
お電話でのお問い合わせはこちら
専門家である司法書士に依頼すれば、過去の事例をもとに一人ひとりの状況に沿った適切なアドバイスと サポートを受けることができます。債務整理・自己破産相談センターでは法律のスペシャリストとして、 のべ7000件以上の相談を頂いております。 経験豊富な司法書士が、煩雑な法的手続きを代行してくれるのはもちろん、精神的にも心強いパートナーとなるでしょう。 借金問題は一人で悩んでいても解決しません。債務整理は、国に認められた法的制度です。 これまで抱えてきた不安を解消し、あなたの人生を再スタートしてみませんか?
債務整理・自己破産相談センター
自己破産のよくあるご質問一覧

0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)