大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

自己破産すると保証人に影響がありますか?保証人に迷惑をかけない方法はありますか?

自己破産をすると支払義務が保証人に移るので、絶対に事前の説明をされることをおすすめします。

保証人制度は、本人(主債務者)が万が一支払えなくなった場合に備えるための制度です。債権者側からすると、安心して貸すことができますし、債務者側からしても保証人を付けることで借入れができる制度といえます。
保証人がいる場合、債務者が自己破産すると、債務者が債務を免れることができる一方で、その借金の支払義務は保証人や連帯保証人に移ります。
状況によっては、保証人と一緒に自己破産で解決するという選択肢も出てくるでしょう。

保証人に影響を与えずに借金問題を解決しようと思えば、「任意整理」が一番いい方法です。
なぜなら、「任意整理」を選択すると、保証人が付いている債務を手続きに入れずに債務整理することができます。
また、任意整理は、個人再生や自己破産のように裁判所が入る手続きと違うので、柔軟な進め方が可能です。
保証人の協力のもと、保証人と連名で任意整理をすることもできます。

自己破産をすると債務がすべて消え、もう一度新しい生活に向けてやり直すことが可能となっています。
自己破産にはメリットだけでなく、デメリットもあるので、専門家の意見を聞いて判断することが重要となります。

弁護士と司法書士が、ここにいう専門家に当たります。
債務整理・自己破産相談センターでは、豊富な経験をもつ司法書士が7名在籍しており、お急ぎのかたでも即対応することが可能です。

まずは無料相談にて詳しい状況をお伺いいたします。
経験豊富な司法書士が力になりますので、安心してお問い合わせくださいませ。

お電話でのお問い合わせはこちら
専門家である司法書士に依頼すれば、過去の事例をもとに一人ひとりの状況に沿った適切なアドバイスと サポートを受けることができます。債務整理・自己破産相談センターでは法律のスペシャリストとして、 のべ7000件以上の相談を頂いております。 経験豊富な司法書士が、煩雑な法的手続きを代行してくれるのはもちろん、精神的にも心強いパートナーとなるでしょう。 借金問題は一人で悩んでいても解決しません。債務整理は、国に認められた法的制度です。 これまで抱えてきた不安を解消し、あなたの人生を再スタートしてみませんか?
債務整理・自己破産相談センター
自己破産のよくあるご質問一覧

0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)

line_icon相談