大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

貸金業者が家族に借金の支払いを請求してくるんだけど?

自己破産するにしろ、しないにしろ、「債務者以外の家族に支払い義務はありません」ので、もしも貸金業者が債務者以外の家族に債務の支払いを要求してきた場合でも支払う必要はありません。

ただし、直接的に本人の借金を払うわけではありませんが、次の2つのケースでは家族による支払いが必要なことがあります。

・家族が保証人となっているケース
本人が払えなくなったときに備えるのが保証人なので、本人が自己破産をした場合、保証人である家族に請求がいきます。

・管財人が否認権を行使してきたケース
本人が借金をしているにもかかわらず、家族名義で貯金がなされていたり、不動産を親戚に安価で売却していたりする場合、管財人がそれを否認して返還を請求してきます。

お電話でのお問い合わせはこちら
専門家である司法書士に依頼すれば、過去の事例をもとに一人ひとりの状況に沿った適切なアドバイスと サポートを受けることができます。債務整理・自己破産相談センターでは法律のスペシャリストとして、 のべ7000件以上の相談を頂いております。 経験豊富な司法書士が、煩雑な法的手続きを代行してくれるのはもちろん、精神的にも心強いパートナーとなるでしょう。 借金問題は一人で悩んでいても解決しません。債務整理は、国に認められた法的制度です。 これまで抱えてきた不安を解消し、あなたの人生を再スタートしてみませんか?
債務整理・自己破産相談センター
自己破産のよくあるご質問一覧

0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)

line_icon相談