大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

どのような場合、管財人が選任されるのでしょうか?

破産者の財産が少なく、財産を換金しても破産手続の費用にも足りないことが明らかな場合は、裁判所は破産管財人を選任せず、破産手続開始決定と同時に破産手続を終了させる決定をします。

これが、自己破産の「同時廃止」です。

一方破産管財人が選任されている破産手続とは、破産管財人が破産者の手続きを行うため、破産管財人への報酬が発生します。

破産管財人がつくかどうかの明確な基準はありません。たとえば、査定価値20万円を超える自動車や、生命保険解約返戻金等の財産がある場合等は、破産管財人が選任されることになりますが、これらの多くの財産がなくても、浪費、ギャンブル等免責不許可事由があると思われる場合にも、破産管財人が選任されることになります。

債務整理のお悩みを抱えていませんか?

  • 借金をなくしたい。
  • 取り立てを止めたい。
  • 利息を取り戻したい。
お電話でのお問い合わせはこちら
専門家である司法書士に依頼すれば、過去の事例をもとに一人ひとりの状況に沿った適切なアドバイスと サポートを受けることができます。債務整理・自己破産相談センターでは法律のスペシャリストとして、 のべ7000件以上の相談を頂いております。 経験豊富な司法書士が、煩雑な法的手続きを代行してくれるのはもちろん、精神的にも心強いパートナーとなるでしょう。 借金問題は一人で悩んでいても解決しません。債務整理は、国に認められた法的制度です。 これまで抱えてきた不安を解消し、あなたの人生を再スタートしてみませんか?
債務整理・自己破産相談センター
自己破産のよくあるご質問一覧

0120-365-366

9:00~20:00まで受付(土日10:00~17:00)