大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

2016.02.08

多重債務にならないためには借りないことが第一です。

しかし、どう頑張っても生活するお金がないという状態が生じることはあり得ます。

そんな時は、まずは家族の援助を全面的に仰ぐべきです。どうしてもそれができない場合には、二次的に公的なセーフティネットを検討してください。消費者金融やクレジット会社のキャッシングやショッピングに手を出すのは最後の手段です。収入がない状態で借りてしまえば、仮にそれが2~3か月だとしても簡単に多重債務に陥ってしまい、その後定期的な収入を得たとしても生活支出の大部分を占め、多重債務の状態から抜け出すことが困難となってしまいます。

キャッシングをすると癖になってしまいますので、まずは利用しないことが何よりの対策です。あるアンケートでは、「キャッシングの利用しやすさとは」という問いに「財布代わりになるから」という回答が半数以上となったとのことです。クレジットカードは財布ではなく借金であることは当然わかっているでしょうが、頭ではわかっていながら、こうした回答が大半を占めるというのは危惧すべき状況です。

お問い合わせtel0120365366