大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

2015.10.30

破産を検討する際、免責不許可事由を気にされる方が非常に多いです。
破産には、免責不許可事由がありますが、免責不許可事由があっても、必ず不許可になるわけではありません。

まずは、法律家に詳しく相談し、借り入れの経緯、ご不安な点、免責不許可事由、お手続きの流れなどを詳しく相談し、破産、個人再生、任意整理、どのお手続きがご自身に合っているのか、判断されるのが一番かと思います。
お一人で悩まず、まずはご相談くださいませ。

参考判例
破産者に免責不許可事由があっても、破産者の不誠実性が顕著でない上、免責の申立てに対し債権者が異議を申立てず、かつ破産者が過去を反省して生活態度を改め、社会人として更生できる見込みが十分にある場合には、免責を許可する(大阪高 平成1/8/2)

お問い合わせtel0120365366