大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

2014.05.18

債務つまり借金と聞くと聞こえは悪いですが,家計の計画を立てる際には,債務つまり借金も考慮に入れて行う必要があります。

無目的の借金は避けるに越したことはありませんが,住宅ローンや自動車ローン,いわゆる目的ローンと呼ばれるものについては,返済可能でありかつそれにより得られる便益が大きければ選択肢の一つとすべきことは現代社会では当たりまえのことです。

しかし,計画的にローンを組んでも,その当時の予定と現在の状況がかい離している場合も多いはずです。たとえば,バブル期では収入は増え続ける,資産価値は上がり続けるという幻想を基に皆がローンを組んだ結果,社会に大きな不良債権が生まれました。

通常,昨日と今日はほぼ同質なので,昨日が大丈夫なら今日も大丈夫,今日が大丈夫なら明日も大丈夫と思いがちですがそれは誤りです。小さかった子供がいつの間にか大きくなるように,一日一日の違いはいずれ大きなずれを生じさせます。

月の家計収支で,余剰が出ているが年々減っているなどの状況にある場合は,早急に家計の見直しをする必要があります。グリーン司法書士法人では,事後どうしようもなくなった際に行う債務整理と同様に,そうならないよう予防することも重要なことであると考えています。

借金額が増えているという状況にある場合,そのまま放置せずご相談ください。

フリーダイヤル 0120-365-366

大阪債務整理・自己破産相談センター運営
グリーン司法書士法人

お問い合わせtel0120365366