大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

自己破産をすると、借主が支払いをしないため、保証人に請求が行きます。ですので、保証人に迷惑がかかるのは間違いありません。しかし、保証人に迷惑がかかるからといって、一部の債権者を外して自己破産の申立をすることは許されていません。

どうしても、保証人が付いている債務を手続きに入れることができない、という場合には、債権者を選択して整理できる「任意整理」を選択することになります。しかし、任意整理の場合、自己破産、個人再生と比べると債務の支払額が多くなります。

自己破産Q&A一覧
お問い合わせtel0120365366