大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

所有権留保付のローンが残っている場合です。
自動車の名義が債権者のままになっている場合、または、軽自動車の場合には、信販会社に自動車を返却しなければなりません。軽自動車以外で、名義が自分となっている場合には、自動車の価値によっては残せる可能性があります。

ローンを払いえ終えている場合です。
自動車の価値が20万円以上となる場合には、原則管財人がこれを換価し、債権者に分配します。ただし、中高級車でなく、年式も古い自動車の場合、配分すべき財産とみなさなくともよい場合があります。

自己破産Q&A一覧
お問い合わせtel0120365366