大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

生活保護受給の方の債務整理方法については、原則として自己破産となります。なぜならば、生活保護の金額というのは必要最低限の金額であるという前提があり、その財源も税金からでているため、返済をしていくということは生活保護制度に反しているということになります。そのため、原則として自己破産としてお受けしております。ただし、どうしても「借りたものは返したい」、「自己破産だけは避けたい」という希望がおありの場合、生活保護受給が一時的なものであったり、一部保護を受給しつつも働いてらっしゃったりするときは、任意整理や個人再生の手続きでお受けできることがあります。

まずは無料相談にて詳しい状況をお伺いいたします。安心してお問い合わせくださいませ。

自己破産Q&A一覧
お問い合わせtel0120365366