大阪での債務整理・過払い金・自己破産の無料相談

大阪債務整理・自己破産相談センター

本来、破産手続きは、債権者が平等に残余財産分配を受けるための手続きなので、一部だけ返済し、一部だけ免責を受けるということはできません。一部債権者を隠して破産を申し立てると罰せられます。親戚知人からの借入れであっても例外ではありません。ご注意ください。

自己破産Q&A一覧
お問い合わせtel0120365366